コミックス感想:『バットマン:スリージョーカーズ』


バットマン:スリージョーカーズとは

バットマン:スリージョーカーズは2020年6~8月に連載されたリミテッドシリーズです。
独自色の強い意欲的な作品を刊行しているDCブラックレーベルに属しています。

独立作品なのですが、ストーリーライン的にキリングジョーク、デスインザファミリーの精神的続編と言われています。

ざっくりあらすじ

最悪最凶のヴィラン・ジョーカーが三人も存在していることが判明する。
バットマンバットガール、レッドフードの三人は捜査を開始する。

道化師、犯罪者、コメディアンの三人のジョーカーが張り巡らせた罠に、バットマン達のトラウマがえぐられていく。

ジョーカー達にどう立ち向かうのか。ジョーカー達の目的は何か。

 

感想(ネタバレあり)

ジョーカーが三人いるという衝撃的な設定とは裏腹に、実際は被害者たちの心の葛藤を描いた作品になっています。
派手でカオスなストーリーを期待している人には合わないかもしれない。

バットマンは幼少期にジョー・チルにより両親を目の前で銃殺され、バットガールはキリングジョークでジョーカーに撃たれ半身不随となり、レッドフードはデスインザファミリーでジョーカーに殺された体験を持っています。
そのトラウマに対し各自どうにか受け止めてヒーロー活動に勤しんでいるわけですが、許容量も違いますし受け止め方も違います。

本作でバットマン達は加害者と直接対峙することとなります。
三人のジョーカーにより自らのトラウマと向き合わざるを得ないのです。
バットマンバットガールは周囲の支えもありトラウマと正面から対峙できていますが、死んでいたレッドフードはサポートもなく復活したため、まだ弱さを抱えています。それゆえレッドフードは怒りに任せて行動してしまいます。
レッドフードに対しバットガール咎めバットマンは説得と謝罪を行い、ここでも対応が分かれます。
一口に被害者と言っても三者三様であり、それぞれの受け止め方も違うのです。

過去とどう向き合い、罪を赦し、新たな一歩を踏み出すのか。
赦しというキリスト教に顕著な価値観が色濃く出ている作品のように思います。

単独で読める作品でもありますが、バットマン達側のそれぞれの悲劇、ジョーカーの一般的なオリジンがわかっていた方が本作をより深く味わえるかなと思いました。