コミックス感想:『Batman : Sword of Asrael』


Batman : Sword of Asrael』とは

Batman : Sword of Asraelは、1992年10月~1993年1月に連載されたミニシリーズです。
後のKnightfallにて重要な役目を果たすAsraelの初登場作品となります。

Asraelは聖デュマ騎士団が作り上げた戦士であり、本作はジャン=ポール・ヴァレーが殺された父親からAsraelを引き継ぎ、復讐していくお話。

ざっくりあらすじ

暗殺者アズラエルとして活動していたルドヴィック・ヴァレーは返り討ちに遭う。
死の間際、息子のジャン=ポール・ヴァレーに自身の正体を明かし、謎の指示を与える。

ジャン=ポールが父親の指示に従ってスイスに渡ると、待ち受けていたのは聖デュマ騎士団のノモズであった。
ジャン=ポールは生まれた頃から催眠術による訓練法ザ・システムで戦闘術を知らぬ間に身に付けており、ノモズによりその能力を開花させられ、アズラエルとして活動を始める。

一方、バットマンは捜査の過程で聖デュマ騎士団にたどり着き、アルフレッドと共にスイスへ向かう。

 

感想(ネタバレあり)

後にKnightfallにてベインに背骨を折られたブルース・ウェインに代わり、バットマンとして活動するアズラエル(ジャン=ポール・ヴァレー)の誕生譚です。

アズラエルは聖デュマ騎士団の洗脳されているため、危うさが漂うヒーロー。
危うい分、後には暴走したり、悩んだり、重圧に潰されそうになったりと、人間らしさの部分が描かれることが多いように思います。

本作は、ヴィランがまた特殊。
ジャン=ポールの父を撃った犯人LeHahは聖デュマ騎士団の元信徒。騎士団から金を奪って武器商人となったため、騎士団から狙われていました。
悪魔Biisの手下と信じており、さらにはBiisのスーツを作って着こむと自分自身をBiisと思い込んで格闘する変人。

アズラエルにしても、ヴィランのLehahにしても、自身の信念で動くというよりも行動原理を他者に強く依存しているという、アメコミとしては変わった対決のように思いました。

アズラエル中心ではあるものの、がっつりブルース・ウェインが絡んでいるのが意外。
ブルース捕まっちゃいますしね。
こうして後にバットマンを引き継ぐだけの関係性ができるのだなあと思ったり。

アズラエルの主な武器は、炎を宿したブレード。
派手な描写になるので全編カラーがほとんどのアメコミではより映えますね。
かっこいい。