コミックス感想:SUPERMAN: EARTH ONE VOL. 2

『SUPERMAN: EARTH ONE VOL. 2』とは

SUPERMAN: EARTH ONE VOL. 2は、2012年10月に出版されました。

EARTH ONEはDCコミックスのヒーロー達の誕生譚を現代風にリメイクしたシリーズで、本作はSUPERMANの二作目となります。

 

vol.1は翻訳されていますが、本作は未翻訳。

 

ざっくりあらすじ

犯罪の証拠を隠ぺいするためにラボに潜入したレイモンド・マックスウェル・ジェンセンンは警備員に見つかり逃走するが、誤って高エネルギーのニュートリノに晒されてしまう。

そして、エネルギーを吸収するヴィラン・パラサイトへと変貌を遂げた。

 

一方、スーパーマンは失意の中にいた。

津波が直撃せんとするポラダ島で島民を救おうとしたところ、島を牛耳る独裁者がスーパーマンを敵とみなし、立ち去らなければ島民を殺すと脅迫。スーパーマンは自身の正義を貫くことができず、独裁者の言葉に従ったのだった。

 

エネルギーを追い求めるパラサイトは人々の生命力をエサにしていく。

しかしパラサイトの飢えに底なし。

飢えを満たすにはもっと巨大なエネルギーが必要だと認識したパラサイトはスーパーマンをターゲットに動き出した。

 

感想(ネタバレあり)

隣人と恋に落ちる様だったり、独裁者を追い詰めるために反乱を扇動する様子だったり、従来のスーパーマンより人間らしい感情を表に出している印象が強いEARTH ONE。

 

それだけでなく、ロイスがクラークとスーパーマンの関係を疑い始めて、秘密裏に捜査を始めたり、その捜査がクラークにバレたりと職場での不和が描かれてもいます。

 

クラークだけでなく周囲の人物もリアルに描いており、人間模様を楽しめるシリーズだと思います。

 

かといって、アクションシーンが弱いわけでなく、スーパーマンらしい迫力あるアクションが満載でした。

スーパーマンの翻訳は少なめで代表的なヴィランでも読む機会が少ないので、パラサイトとの対決を読めたのは嬉しいものでした。

 

終盤には、ルーサーも出てきます。

EARTH ONEではどのようにスーパーマンと絡むのか楽しみです。