アニメ感想:『グリーンランタン:エメラルド・ナイツ』

『グリーンランタン:エメラルド・ナイツ』とは

『グリーンランタン:エメラルド・ナイツ』は、2011年にリリースされました。

 

タイトル通りグリーンランタンが主人公ではあるのですが、地球が属するセクター2814のグリーンランタン(今作ではハル・ジョーダン)ではなく、グリーンランタン・コァのメンバーに焦点を当てています。

メインの話の合間に、メンバーの物語が描かれます。

 

日本ではソフトは未発売。

Amazonビデオなどの動画配信サイトで字幕版が配信されています。

 

ざっくりあらすじ

グリーンランタンのホームとなるオアの太陽に異変が起こる。

太古の昔全宇宙の生命を滅ぼしかけたクローナがオアの太陽を入り口に再び姿を現そうとしているのだった。

オアの危機に対して、全宇宙に配置されたグリーンランタンたちが集結する。

 

新人グリーンランタンのアリシアは戦闘経験もなく戸惑っていた。

そんな彼女にハル・ジョーダンは、最初のグリーンランタン・アブラの物語を話す。

 

感想(ネタバレあり)

グリーンランタン vs クローナがメインではあるのですが、その実態は様々なメンバーの過去を語るアンソロジー形式のアニメでした。

 

〇最初のグリーンランタン・アブラ

〇グリーンランタンの教官・キロウォグ

〇歴は浅いが不思議な雰囲気を持つライラ

〇人付き合いが苦手とされているモゴ
ハル・ジョーダンの前任者アビン・サー

以上の5人のグリーンランタンの過去が描かれています。

 

アブラは元々戦士ではなく、ただの書記官でした。

なぜか彼がリングに選ばれグリーンランタンとなります。
その理由がグリーンランタンの源流となっていることがよくわかります。

 

キロウォグは新人時代。

鬼教官ディーガンにしごかれる若き日のキロウォグ。

ディーガンと殴り合いになるほど反抗しましたが、その最中実戦に放り込まれることに。

胸にグリーンランタンのマークを描くところはグッとくるものがありますね。

キロウォグと共にしごかれる新人の中にはトマ・レーもいました。

 

ライラは初任務のお話。

自身が育った星に派遣され、黄金の龍と呼ばれる父と対峙することに。

父親の鎧が聖闘士星矢を思わせるゴールド聖闘士感。

ワンダーウーマン1984でもゴールド聖闘士感あったし、何かモチーフがあるのかしら。

 

人付き合いが苦手なモゴ。モゴの正体に迫るお話です。

メインのvs クローナでも大活躍のモゴとは何者か。

ただでさえ宇宙を舞台にしてスケールの大きさを思わせるグリーンランタンですが、ここまでかと驚かされました。

 

アビン・サーは、運命を見ることができるアトロシタスとの対決。

まだグリーンランタンに在籍しているシネストロとの協力の末、アトロシタスを捕まえることに成功する。

単身アトロシタスを監獄へ送り込むアビン・サーは過酷な運命を聞かされる。

それをどう受け止めるのかが見どころ。

 

メインストーリーはあっさり感がありますが、各メンバーの背景等を知ると、協力して巨悪を倒すストーリーに深みが増しますね。

 

翻訳本ではグリーンランタンの数は少ないので、グリーンランタン・コァのメンバーの過去を読む機会が非常に少ないです。解説の小冊子にキャラ紹介はあるものの、それだけだと味気ない。

 

そのため、『グリーンランタン:エメラルド・ナイツ』はグリーンランタンをよりよく知る作品となり、満足感が高かったです。

いきなりこの作品からグリーンランタンを見ることはおすすめしませんが、他作品でグリーンランタンに触れ、もっと知りたいと思う人にはぜひ観てほしいです。